小6の女の子と小3の男の子の、マクロビオティっクなご飯とお弁当+日々の記録です。


by mi-takonerai
カレンダー

<   2005年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

3.31(木) 風邪

先日、子供達が立て続けに引いた風邪に罹ったようなのですが、
子供達ほど熱が出ません。

やはりもう、若くはないということなのでしょうか…。

おまけに、子供達の場合
熱熱熱鼻喉目、と順番で出た症状が、
一気に
まとめて
でました。
 ・
 ・
 ・
これはやっぱり若くはないということなのですね…。
[PR]
by mi-takonerai | 2005-03-31 22:06
今日は浜岡町にあるプールに行きました。名前も「ぷるる」といって可愛いのですが、新しくてきれいな、とてもいいプールです。今は室内だけですが、夏場は大きなスライダーもある外のプールも使えるので楽しみです。

d0002626_2125760.jpg
その途中、“よってけ市”という、地元の農家の方が品物を持ってきて、直接それを買えるというお店(市?)に行きました。見かけは悪いけれど、さっき畑から抜いたばかりの大根が2本で100円だったりと、とにかく新鮮で安く、味も悪くないのです(新鮮なせい?)。

東京にいると、安い野菜は粗悪な感じがするのですが、こういうところの野菜にはそれがありません。

マクロビオティックのブームって、東京ならではのものかなーと、
ちょっと思ってしまいました。

今朝とれたという鯵や鰯、今朝とれた苺、さっき抜いてきた野菜……etc
これだけ、海の幸山の幸に囲まれていると、なかなかに難しい感じがします。

あきらめませんが。

みのさんとの闘いもまだまだ続いています。

昨日は、玄米甘酒にセロリを漬けると言い出し、息子に
「おじいちゃんやめて。それは僕の大事なおやつ になるから。」
と泣かれていました。
[PR]
by mi-takonerai | 2005-03-31 21:55
d0002626_21141696.jpg色々口煩い娘(私)を慮ってか「お醤油はいいお醤油を買ったのよ」と誇らしげに見せてくれた醤油には、確かに2年熟成とありましたが、原材料にブドウ糖、ともありました……。
[PR]
by mi-takonerai | 2005-03-31 21:19
d0002626_2230441.jpg

庭にみかんとひまわりの種を置いているので、メジロやキビタキ、ヒヨが来ます。メジロやキビタキの愛くるしさに比べて、体が大きく食べ方も汚いヒヨは、実家では悪役です。

でも、少し前に娘が
「ヒヨが“ひよよーひよよー”と鳴いている。」
と表現してから、私はちょっとヒヨが好きです。


           ………親馬鹿と呼んでください。

そして今日は母の誕生日でした。
戸籍上の。

何でも生まれたときに、おじいちゃんが忙しくて届けを出せなくて、後から適当な日付で出生届を出したらしいです。本当は10月生まれだそうです。

そんな母に、食事の前にデジカメを構えて写真を撮ろうとすると怒られるので、食事の写真が撮れません。

ちなみに、みのさんとマクロビの戦いは継続中です。
[PR]
by mi-takonerai | 2005-03-28 22:47
今日は、実家の静岡に移動です。
小田原まで小田急で、そこからは東海道新幹線に乗ります。
ロマンスカーも好きだけど、切符を買ったり、待ったりする時間を考えると、そのままぼーっと急行に乗っていたほうが楽な気がして、実際いつもそうしています。
d0002626_2327595.jpg今日は、子供達だけで移動しているという設定で(後ろから私がついていきますが)、一応本人達だけで切符を買ったり、ホームを探したりしてもらいました。
妙に2人の仲が良いのが、なんとも可笑しかったです。
  ・
  ・
  ・
 そして辿り着いた実家で私たちを迎えたものは、
  ・
  ・
  ・
昆布いちご酢

でした。


なんでも、みのさんが体にいいと勧めていらしたようで…。
干ししいたけの糠漬けもありました。

一昨日送った娘からの荷物には
「お前たちはこんなものを食べているのか」
というリアクションで、

みのさんが「良い」といえば、
昆布とイチゴを混ぜようと、
干ししいたけを糠付けにしようと、
オッケーなんでございますね…。

くそぅ……負けるもんか……。

ただ、公平を期すために申しますと、
昆布いちご酢も、干ししいたけの糠漬けも、
結構おいしかったです。
[PR]
by mi-takonerai | 2005-03-27 23:48

3.26(土) 夕食

d0002626_21233717.jpg

  *水菜のサラダ(水菜・ひじきの和風サラダ・ゆでブロッコリー)
  *わけぎのぐるぐる巻き(わけぎ・酢味噌)
  *醤油味のスパゲティ(ごぼう・まいたけ・大根菜・小松菜)

わけぎのぐるぐる巻き
  ①根を切り落としたわけぎに熱湯をかけて冷ましておく。
  ②1本ずつ巻く。
  ③酢味噌をつけて食べる。
先日行った「熊吉」というお店で、「ひともじのぐるぐる」と名付けられていた創作料理の真似です。(切り落とした根はプランターに植えておきました。)
お店では万能ねぎを使っていましたが、わけぎしかなかったので、わけぎで作りました。
とろんとしたところがでてしまわないので美味しく、つまみやすいので、子供もたくさん食べます。
巻くのも、子供がおやつを食べている時などに、話しながら巻いていくと、意外になんてことなく出来ます。(お店のは、もっとしっかり、美しく巻かれています。当然ですが。)

醤油味のスパゲティ
冷蔵庫に残っている野菜をまとめて炒めて、醤油で味付けして、スパゲティにからめました。ベースはにんにくとオリーブオイルです。ちょっとオリーブオイルが多めだったので、パパに大好評でした。作ってすぐ食べ始めてしまったので、写真を撮れませんでした。

水菜のサラダ
昨日オーサワジャパンで買ったブロッコリーが、見た目も立派だったのですが、とにかく甘くて甘くて、びっくりしました。ひじきの和風サラダは、この間からすっかり気に入って、常備しています。

ごぼうの梅煮
写真には無いけれど、ごぼうが余ったので作りました。5センチ位に切ったごぼうを、ひたひたの水と梅干(1~2個)でやわらかくなるまで煮ます。レシピは『からだの自然治癒力を引き出す〈基本のおかず〉 大森一慧 著  サンマーク出版』を参考にしました。大森先生のお料理は、本当に、しみじみと美味しいと思います。家庭料理の真髄がここにあるという感じです。マクロビオティックの事を知らない人が食べても、美味しいと感じるお料理だと思います〈私がそうだったので)。
[PR]
by mi-takonerai | 2005-03-26 22:33 | 食事

3.25(金) 今日は卒業式

今日の夕食
  *玄米ご飯(玄米・はと麦・ひえ・もち麦)
  *大根と山東菜のおすまし
  *納豆
  *きんぴら
  *水菜の一夜漬け
  *かぶの梅酢漬け
  *黒豆のプルーン煮
品数は多いけど、おすまし以外、作っていません。
おすましも、最初は麺つゆ用に昆布と干ししいたけを放り込んでいた鍋に、
ゆで大根を作ってしまえと大根を放り込み、
やわらかくなった頃に、息子がお腹がすいたと言い出したので
もうこのまま椀物にしてしまえと、青菜をいれ、おすましにしてしまいました。
輪切り大根が、お雑煮のようだと好評でした。
d0002626_2084473.jpg


日曜日から10日ほど実家に帰ります。
今回は、実家の両親に玄米を食べさせる!という野望に燃えています。
今までも、さりげなく勧めてきたのですが、
特に父親の方に「そこまでして長生きしたくない」と抵抗され
あきらめてきました。

でも、
やはり、
元気で長生きしてほしいのです。

多少本人的には不本意でも。

なので、今日は息子とオーサワジャパンに行き(娘は卒業式に出席)
玄米から鍋、調味料、乾物類、書籍(←重要)…etc
まずこのあたりがあれば…というものを
まとめて実家に送ってしまいました。

実は、近所で父と同年代の方が
肝臓癌の末期で1月いっぱい、と宣告されていたのですが、
おうちで奥様の玄米粥と枇杷の葉の湿布(他にも何かの湿布)で、
痛みも無く
最近では軽い散歩が出来るまでになっている
という話を母から聞き、
やっぱり、父にも玄米食を
時々でもいいからして欲しいと、
あらためて思ったわけです。

上手く伝わるといいな…。
[PR]
by mi-takonerai | 2005-03-25 20:22 | 食事

3.24(木) 修了式

今日は修了式でした。ちなみに明日は卒業式。
ちょっとご馳走っぽく、タカキビのミートパイを作りました。d0002626_14502083.jpg
ミートパイといえば、
ユーハイムのミートパイが大好きでした。
あまりミートソースっぽくなくて、
ゆで卵が入っていたように憶えています。
そのミートパイをイメージして作ったのですが…。
フィリングの方は一応及第点ですが、パイ皮には改良の余地が…。

d0002626_14513520.jpg
こちらは玄米ご飯を海苔で巻いただけのものです。
ハート型に見えませんか?
息子が巻いたので、何をどうしてこうなったのかは謎ですが…。

タカキビのミートパイ
 ・タカキビ・玉ねぎ・人参・干ししいたけ・塩・ウスターソース・ケチャップ
 ・かぼちゃ・豆腐・塩
 ・パイ皮(完全粉:強力粉=1:1 オリーブオイル・塩・水)
[PR]
by mi-takonerai | 2005-03-24 15:16 | 食事

3.23(水) きんぴら

今日の晩御飯
d0002626_21231683.jpg


  *玄米ご飯
  *お味噌汁(大根・人参・キャベツ・小松菜)
  *きんぴら(ごぼう・れんこん・人参)
  *一夜漬け(水菜)

細く切ったきんぴらではなく、ぴらぴらしたきんぴらが食べたくなったので…。
アトピーの息子用には、本当は人参を入れないほうがいいらしいのだけど、
娘には食べさせたいし、何より美味しいので、
入れてしまいます。
せめて、取り分ける時に、
息子のにはあまり人参を入れないようにしたり…。
[PR]
by mi-takonerai | 2005-03-23 21:38 | 食事
料理と言ってよいかどうかは置いておき…
d0002626_13104810.jpg
d0002626_1311139.jpg
上:焼きうどんぺペロンチーノ風
下:冷しうどん胡麻クリームあえ

焼きうどんの方は、ぺペロンチーノの麺を
うどんにしただけです。
以前、下北沢の居酒屋さんで「焼きうどん」を頼んだらこれがでてきて、すっかり気に入り、
以来、焼きうどんというと、醤油でもソースでもなく、
このぺペロンチーノです。
たまに、味付けに「ゆずこしょう」を使いますが、
美味しいです。
にんにくはすりおろして使うので、包丁は使いません。

うどんの胡麻クリームあえは、
ねり胡麻大1、梅酢小1、醤油小1位の割合(あくまで適当)
で練りまぜたものを、
ゆでて洗ったうどんにあえるだけです。
材料は本当に適当なので、
好みでかえて大丈夫です。
醤油を減らして塩を足すと、
白っぽい、ちょっと洋風なかんじになります。
全粒干しうどんの食感と合わさると、クリームパスタみたいです。
水を足してさらっとさせると、
普通の胡麻だれとして、使えます。

どちらも、うどんに限らず、そばでもそうめんでも、パスタでも、
何でも(そこそこ)あいます。

凄い手抜き料理ですが、主婦のお昼ご飯ということで・・・。
[PR]
by mi-takonerai | 2005-03-23 13:46 | 食事