小6の女の子と小3の男の子の、マクロビオティっクなご飯とお弁当+日々の記録です。


by mi-takonerai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:アトピー( 1 )

3.17 給食面談

d0002626_1015043.jpg


給食面談に行ってきました。  ……疲れました。
とても和やかな雰囲気で、気持ち良くお話できたのです。が、やはり緊張という普段使わない心の筋肉を使ったためか、異常に疲れてしまいました。
校長先生と栄養士の先生二人と(今日は教頭先生はいらっしゃいませんでしたが、やっぱり3:1)と、今後どうするのか話してきました。
「卵と鶏肉に特に反応するが、卵と鶏肉を避ければ大丈夫かといえばそういうわけでもない。少しでも肌の調子が良くなるように、食事のバランス等、細やかに対応できるお弁当でやっていきたい。」というこちらの主張を快く聞いて下さって、面談は終了しました。息子のアトピーは、顔、首、手足といった見えるところがひどいので、説得力あるんだろうなー、とちょっと思ったり。
他の人は、診断書を提出して、それにもとづいて除去する品目を打ち合わせて…となるらしいです。

そういえば、前回のときは、「診断書を出さない」という主張もしなくてはならなかったので、もうちょっと大変でした。

あと、こういう時に思うのは、食べる物に対する意識に、差がありすぎるということです。

「ご飯くらいは(給食のご飯を)食べられますか?」
と問われて、
有機無農薬栽培の玄米でないと…とはなかなか言えません。

学校で使っている標準米が何故嫌なのか、ちゃんと説明できない私もいけないのだけれど。
マクロビオティックなんて言葉を出した途端、お弁当の理由欄に「宗教上の理由」と書かれてしまいそうな不安が拭えません。
ま、そのあたりは今後の課題ということで……。


そして、疲れきってしまったので、今日の晩御飯は
  
  *シメジと牛蒡と人参の混ぜご飯
  *大和真菜のお味噌汁
  *カブの梅酢漬け
              でした。

大地の野菜が来る日だったので(それも疲れた原因かも)、とくたろうさんの大和真菜をお味噌汁でいただきました。
この大和真菜は、優しい感じのする青菜で、煮びたしがとても合うのだけれど、お味噌汁でもとても美味しかったです。
シメジと牛蒡と人参の混ぜご飯は、具を炒めて醤油で味付けして、炊き上がった玄米ご飯にさっと混ぜます。ショウガを入れたり、ご飯を炊く時にこんぶや醤油をいれたりと、本当はもっと手間がかかったような気がするのですが、こういう日は、もう、できることだけで良しとする!のがポリシーなので、がんばりませんでした。
[PR]
by mi-takonerai | 2005-03-18 12:02 | アトピー