小6の女の子と小3の男の子の、マクロビオティっクなご飯とお弁当+日々の記録です。


by mi-takonerai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:料理教室( 11 )

d0002626_1753315.jpg

今日は、鉄火味噌を作りました。
鉄火味噌です。
鉄火味噌……

牛蒡と人参と蓮根をこまーかく切り刻み、味噌と炒り上げて作るふりかけです。

刻みましたよ。
1時間、みっちりと。

「紙のように薄く切り、絹糸のように細く切り、埃のように細かくする。はい、頑張って!」

という先生の掛け声に
必死でございました。

生まれて始めて
必死で包丁を握りました。

そして、終わってしばらくは放心状態でした。

実は今もまだ
右手が笑っています。

当分何にも刻みたくないかも…(._.)

ああ、でも、
お味は素晴らしく良かったです。
本当にとてもとてもとても!
美味しかったです。
[PR]
by mi-takonerai | 2005-10-17 18:17 | 料理教室
d0002626_20161564.jpg

3回、4回、5回とお休みしたので、久しぶりのリマクッキングスクールでした。

 今日のメニュー
  *けんちん丼
  *すまし汁
  *野菜の風味漬け
  *きんぴら

けんちん丼が、物っっっ凄く!美味しかったです(他のも美味しかったですが)。

同じようなお料理で、私は今まで、これでもか!と豆腐を炒めてポロポロにしていました。
ところが今日のはふんわりやわらかく、な炒り豆腐で、でもそれが、とても美味しかったです。

器への盛り付け方にも工夫がしてあって、それがすごく主婦の知恵~♪って感じで、感心したし、教えてもらえてありがたかったです。

おすましも美味しかったv
自分でも、ああいうおすましが、びしっと作れるようになりたいです。


今日、心に残ったお話なのですが、
先生は、普段、ご自分の体調を、あえて陰性にしていらっしゃるというのです。
何で? と不思議に思っていたら
88歳のお父さまと暮らされていて、
そのお父さまのペースに合わせてゆったりほわーっと生活するのに、ちょうどいいからだそうです。
自分が陽性っぽいと、お父さまが落ち着かなくなってしまうと笑って仰っていました。

マクロビオティックを始めて、ずっと、中庸にしなきゃ、陽性のものを取り入れなきゃ、と思い込んでいましたが、こういうふうに、自分の生活スタイルに合わせて、自由に考えていいんだなぁ…と、とても嬉しくなりました。
[PR]
by mi-takonerai | 2005-10-10 20:41 | 料理教室
d0002626_187526.jpg


  *柚子とよもぎのロールケーキ
  *プチ五平もち
  *かぼちゃピーナツぜんざい

*柚子とよもぎのロールケーキ*
マクロビでロールケーキが作れるなんて…!
と、ロールケーキが大好きな私が、とても楽しみにしていたメニューです。

これは、すっごく!!美味しかったです。

普通のロールケーキのようなふわふわした感じではなく、しっとりした生地とクリームですが、柚子の香りがきいていて、まったく不満に感じません。
むしろ病み付きになりそうな味です。
ちょっと感動しました。

*プチ五平もち*
予定されていた甘酒パフェが、甘酒入手不可能なために、このメニューになったそうです。
甘酒パフェも、期待していたメニューだったので残念でしたが、
この五平もち、可愛い上に美味しい、優れものでした。
2種類のタレ、それぞれがとても美味しかったです。
特に、青海苔の入ったタレは、普通に焼きおにぎりに塗ったり、野菜にあわせても美味しそう~、と思いました(実証済みだったり…↓^_^;)
こういう、ご飯物おやつは、うちには大変ありがたいメニューです(おなかにしっかりたまるおやつが必需品なので…)。
麺類のお弁当の時にも、ちょっと添えてあげるのに良さそうです。

*かぼちゃピーナツぜんざい*
実は、今回、最も警戒していたメニューでした。
いえ、「かぼちゃ」と「ピーナツ」と「ぜんざい」という単語が並んで醸し出す雰囲気がちょっと不安だっただけなんですが…。

意外に…というのは失礼極まりないのですが、すごく美味しかったです。
講師の方が、
「試作の時に、みんなにカレーみたいと言われて…」
と仰っていたのですが
甘味を抑えてカレー粉を入れたら、カレースープとして通用するんじゃ…
なんて、
ちょーっとだけ、
考えてしまいました(すみません)。

ひどいことを書いていますが
かぼちゃピーナツぜんざい
本当に美味しかったです。



今回のクラスを受講して、今度始まるスイーツのコースも、受講したくなりました。

でも
でも
でもでも

受講できません(;_;)

11月18~20日に、子どもたちの学校の文化祭があって、
10月後半から
学校に行きっぱなしになると思うので……

何をしに行くのかというと
バザーとか、PTAではなく、
子どもたちの劇や合奏のお手伝いがあるのです。

強制ではないけれど
やはり子どもを見捨てるわけには……。
[PR]
by mi-takonerai | 2005-09-21 18:55 | 料理教室
ちゃんと行ってきました(^^ゞ
d0002626_2194165.jpg
d0002626_2110944.jpg


先週は35人位だったのですが、今日は45人もいました。
流石に大きい鍋が足りなくなって、大騒ぎです。
盛り付けも、過不足無く45人分に分けるのは難しいようで、
混乱の足跡が
小豆かぼちゃの器に見て取れます。

今日作ったちらし寿司は
ものすごく!!
美味しかったです。
これは絶対にマスターします。
本当に美味しかったv

油揚げが、薄焼き卵の味なんです!
半分持ち帰る予定が
あまりに美味しいので食べてしまいました。

おつゆは、
大変美しいおつゆです。
桜の塩漬けを、おすましに入れることに抵抗がない人には
美味しいと思います。

小豆かぼちゃは
うーん
うーん
うーん
…………。

普段自分が作るものよりも
治病用に水分を多く作ってあるので、
不思議な見た目でした。

残念な事に
かぼちゃの味がイマイチでした。
多分かぼちゃそのものが
あまり美味しくないかぼちゃだったのだと思います。
小豆とゆで汁は美味しかったので。
[PR]
by mi-takonerai | 2005-09-12 21:31 | 料理教室
d0002626_20592612.jpgd0002626_210377.jpg   d0002626_2101584.jpgd0002626_210541.jpg

オーガニックベースの1DAYクッキング「カフェスイーツ」に行ってきました。
以前、テーブルに行った時も感じたのですが、ここのスタッフの方は本当に気持ちのいい方ばかりです。お料理する事やマクロビオティックを、本当に愛しているんだなぁ…と感じます。

今日はデモンストレーション形式での授業でしたが、わかりやすく、実際に自分で作る時にひっかかりそうな事や、コツなどを、惜しげもなく、丁寧に教えていただけました。

レシピも、スイーツとしての満足度はキープしつつ、油分や糖分に頼らない、身体に優しい、考え抜かれたレシピでした。

実は私は辛党なので、甘いものは、食べるし好きだけど、我慢するのが死ぬほど辛いと思ったことはありません。
だけど、今日、スイーツを愛しているスタッフの方を見ていたら、甘党に生まれたかったなー、と、ちらっと思ってしまいました。
その位、楽しそうに、幸せそうに、作っていらっしゃいました(もちろん試食の時も)。

先日、気迫が足りん!と天下のチャヤさんに暴言を(こっそりと)吐いた私ですが、今日は、気迫十分で、ものすごく楽しくて、美味しくて、満足しました。
[PR]
by mi-takonerai | 2005-09-07 22:06 | 料理教室
d0002626_1557228.jpg

d0002626_1556352.jpg

d0002626_1557167.jpg

中級は、「手当て」の事を中心に習っていくようです。
今日は基本的な講義と番茶の色々を習いました。
ご飯もちゃんとありました>^_^<

メニューは
  *塩加減を変えて炊いた玄米2種類
  *味噌汁(牛蒡汁)
  *7:3のごま塩
  *青菜と板麩の炒め物(今日はピーマンで)
  *だしがらの佃煮

でした。

塩を多く入れた方が、濃い色のご飯です。

なんか今日はやたらに美味しいので
どうしてだろうと考えてみたら、

ご飯はアシスタントの人が洗うところから全部やってくださって、
味噌汁と炒め物は
講義をしながら先生が作ってくださっていたのでした。
(生徒は野菜のカットと、胡麻炒りと胡麻すり担当)

ご飯も普段生徒が炊いたものより断然美味しかったし、
味噌汁は素晴らしいの一言でした。
炒め物も
火の通し加減が絶妙で、
味付けも濃すぎず薄すぎず
とても美味しかったです。

今までも感じてはいたのですが
修行道場だけあって
リマの先生は
凄い手をもっている、達人だと思います。

いつも先生の作ったお料理が食べられると嬉しいのですが…。
(↑何か間違っている)
[PR]
by mi-takonerai | 2005-09-05 16:39 | 料理教室
d0002626_15411619.jpg


リマクッキングスクール、初級最後の授業でした。
行ってよかったと思います。本当に勉強になりました。
慣れてきたら楽しかったですし。

コーフーカツ、きちんと作ったコーフーがどういう味なのかとても興味があったのですが、この前自分が作ったのとあまり変わらないような気がしました。
ただ、先生に伺ったところ、陰陽のバランスが変わるから、自分が食べて美味しいかどうかで判断しなさいといわれました。

私 : 「食べてみて、“まあ食べられる味かな?”と思ったらOKなんですね!」
先生: 「食べられるかな?じゃダメー。美味しい!っていうのじゃなきゃ、身体壊すわよ。」

(でも先生、私はどっちの作り方のコーフーも「まあまあじゃない?」で
息子はどっちのコーフーも「美味しい!」なんです… ←心の声)

帰るとき、オーサワジャパンの前で、クシマクロビオティックアカデミー(KMA)でアシスタントをされていた方とばったり会いました。KMAのスタッフは皆若くてきれいなお姉さん達なのですが、その中でもひときわ愛くるしい方で、(だからというわけではないですが)良く憶えていたのですが、向こうも気付いてくださったみたいで少しお話しました。
リマの方が一段落するまでKMAはやめておこうと思っているのですが(単純に忙しくなるから)、こういう風に接してしまうと、あの雰囲気も懐かしくなってしまったり…。
いや、自分で自分の首を締めるのはやめないと……。
[PR]
by mi-takonerai | 2005-07-13 16:13 | 料理教室
d0002626_1727454.jpg

今日はリマクッキングスクールの11回目でした。
細巻きとおすましとしぐれ味噌、葛餅です。

海苔巻きをきれいに巻けるようになりたいなー、とか
色々思うところはあるのですが、
葛餅が美味しいのに驚きました。

私は、あまり好き嫌いの無い人間なのですが
葛餅だけは大嫌いで
どのくらい嫌いかというと
結婚前に夫が手土産に持ってきた時には
あやうく破談にまで発展しそうなケンカのきっかけにもなった位嫌いなのです。

でも今日のは美味しかった(^_^)

もともと、葛は好きなので
なんで葛餅が許せないのか
自分でも不思議ではあったのです。

葛と水と塩でできた葛餅は美味しい。

じゃあ、私が嫌いな葛餅はどうやって作っているんだろう???
[PR]
by mi-takonerai | 2005-07-06 17:45 | 料理教室
d0002626_15351438.jpg

これと、あと、コーフーも作りました。
コーフーは面白そうなのでそのうち作ってみようと思います。
蒸して揚げて煮るまでを一息にやらなくてはならないので
時間のある時に。

たかきび粉のお饅頭は、形を作るのが楽しいです。
今日は男性が2人いて、その方たちがサツマイモとかぼちゃをすごく丁寧にマッシュしてくださったので、ふわふわの滑らかな餡でした。
多分自分が作ると所々に固形物が残った餡になると思います。

「おめでとう」という名の小豆粥も、以前はネーミングの不思議さに首を傾げていましたが、
確かにこれはただの小豆粥ではありませんでした。
小豆粥、ではなく、おめでとう、という食べものだと思います。

煮物は、お味噌で味付けしていて、こくがあってとてもおいしいです。
先生は、次の日はフライにすれば、子どもも喜んで食べるわよ、と仰っていましたが、
うちの子はこのままで何日でも喜んで食べると思います…。

子どもは質素に育てると本当に楽だなー、と思ったり。
[PR]
by mi-takonerai | 2005-06-29 16:06 | 料理教室
d0002626_15232920.jpg
d0002626_15234545.jpg

とうもろこしを削り取るのが大変でした…。
やっぱりとうもろこしは塩ゆでして齧るのがいいような気がする…色んな意味で。

とてもいいお話をたくさんきいてきました。
でも疲れたので今度また書きます。
[PR]
by mi-takonerai | 2005-06-22 15:28 | 料理教室