小6の女の子と小3の男の子の、マクロビオティっクなご飯とお弁当+日々の記録です。


by mi-takonerai
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:学校( 3 )

今週は、久しぶりに、文化祭も学校説明会もない週末でした。
のんびりできるなー、と
一瞬思ったのですが、

家族がのんびりするためには、
主婦は働かねばならない
という
鉄則を
忘れていました。
(あんまり、久しぶりだったので…)

嫌じゃない忙しさなので
つい
くるくるくるくる
動いてしまう、自分がいけないのですが……。

それはともかく、

明日は
7:30に学校に行かねばなりません。

うちの子どもたちの学校は
学芸会(文化祭)として、子どもの好きな出し物を3日間、するんです。
劇をやりたい子は劇をやり、
民舞(花笠音戸とかソーラン節)をやりたい子は民舞を、
というように
全く子どもの自由にさせてくれます。

それはいいのですが

問題は

グループの数と先生の人数に差がありすぎて
(民舞で2グループとか、音楽で3グループというように、細かく分かれてしまうため)
指導する人が
いないのです。

そこで

教育ボランティアという名の
お母さん達が
お手伝いに行くわけです。

お手伝いがいないグループは
「クラスのお楽しみ会の出し物以下
という
悲惨な状況で
学芸会の3日間を過ごすことになります。

毎年、先生の数とグループの数を同じにして欲しいという意見は出ています。

なかなか聞き入れてもらえません。
(泣きながら訴えるお母さんが必ずいるのに…)

流石に、4年生までは、先生の数とグループの数は同じなのですが
5年生になると先生:グループ数=1:2
6年生にもなると先生:グループ数=1:3位にわかれます。
グループの人数差も勿論あって
5人位のところから、80人位のところまで、
大きく分かれます。

そして何より困るのが
練習期間が1ヶ月程しかないこと!
なんです。

毎年の事だし
4月から分かっている事なんだから
もっと早くから取り掛かれば良いのに
どうしてだか
1ヶ月より前に
準備を始めません。
いえ、何かの準備は始めているのでしょうが
子どもたちが、動き出すのが
1ヶ月前なのです。

「連合運動会までは、連合運動会の練習に専念する」
というのが
学校の方針みたいです…。

学芸会がこの形になって4年目。
あまりにあまりな子どもたちの様子をみてきたお母さん達は
必死です。

我が子に、そんな思いをさせたくない。
その一心で
万難を排して
お手伝いに行きます。

……勿論私もいってきます。

明日は7:30の朝練習です。

行きますよ……行きますとも!
[PR]
by mi-takonerai | 2005-10-23 22:12 | 学校
d0002626_16103.jpg

  *小豆いり玄米ご飯(トッピング:ごま塩)
  *ピーマンと板麩の炒め物
  *新ごぼうの味噌煮
  *蒸し野菜(大根・かぼちゃ・ベビーコーン)




すみません、今日はちょっと怒っています。

学校から督促状を貰ってしまいました。
「経費の引き落としが、残高不足のためできないので、直接持ってくるように。」
と。

残高不足だったことなんて1秒だってなかったはずなのに!と、慌てて問い合わせてみたところ、
「誰が悪いのでもなく、何が悪いのでもなく、そういうことがあります。」
とのことでした。

学校でも、たくさんの事務処理があるのでしょうから、こういうことがあるのもわかります。

でも、
「誰が悪いのでもなく、何が悪いのでもなく」
というのは違うと思います。
いやもちろん、前出のセリフの最後に
「でもご迷惑をお掛けしました。すみません。」
というニュアンスの言葉があれば多分こんなに怒りを感じることは無いのだろうけれど…。


勝手に人の家庭の残高が不足してると督促状を出して
しかも直接払えと呼び出しておいて

誰も、何も悪くないんです~、といって
済んじゃうんですね…学校って(-_-メ)
[PR]
by mi-takonerai | 2005-07-07 16:40 | 学校

3.23(水) 水に溶けるもの

小5の娘の今日の持ち物「水に溶けるもの」

何でも、理科の実験で使うらしい。

明日は修了式というこの期に及んで実験?
とは思ったが、頭の中で「水に溶けるもの、水に溶けるもの…」と探す。

塩はダメ。うちの塩は、実験なんかに使うにはもったいなさすぎる。
砂糖はないし、メープルシロップシュガーも、塩同様もったいない。
粉石けんは、溶けるけど泡立ってしまうし…。
泡立っても構わないのかな。
ああ、そうだクエン酸! 
そこはかとなく理科の実験にふさわしい感じがする。

と、いうことで、
持っていくのはクエン酸に決定して、量を娘に尋ねる。
「さあ?」
特に指示は無かったらしい。
ので、一体どんな実験をするのか聞いてみた。
「多分、この前失敗した実験だと思うけど…」
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
ちょっとまて。

この前失敗した実験と言うのは、
塩を飽和状態になるまで、
ただひたすら水に入れていくという実験では?

実験途中に塩が無くなり、やむなく実験中断となった、あれ?

何リットルのビーカーを使うのか知らないけれど、
飽和水溶液の実験に使うほどのクエン酸を持たせる訳にはいかない。


で、結局、大匙2杯ほどのクエン酸を持たせ、そ知らぬ顔をすることにした。

前回の実験のときも、
塩が無くなって実験中断って凄いな・・・。
と脱力したもんだが。

世田谷区ってお金ないのかな・・・。
[PR]
by mi-takonerai | 2005-03-23 11:04 | 学校